品質管理体制

「食の安全・安心」を支える、徹底した品質管理体制
「食の安全・安心」を経営ビジョンの第一に掲げるSOFCOでは2005年、専門部署である「品質管理室」を社長直轄組織として設置し、製品安全や遵法の徹底はもとより従業員教育に至る万全な品質管理体制を整えています。

品質管理

品質管理室では、品質管理に関わる以下の業務を行っています。

・遵法
取扱商品が国内外の法令を遵守し、商品の表示が正しく記載されているか精査します。
・製品安全の確保 
生産工場の情報を営業部門と共有し、生産工場に対して継続的な改善指導を行います。
・トレーサビリティ体制の構築
残留農薬に対応したトレーサビリティ体制の構築等、原料から製品までの徹底した管理を強化しています。
・商品クレームの迅速な対応
社内LANを利用したクレーム連絡体制を構築し、迅速かつ適確な対応を行っています。
・従業員教育
全従業員を対象に食品の基礎知識の向上と、安全や遵法に対する意識の向上を目的とした教育を実施しています。

品質管理の要となる国内外における工場管理指導にあたっては、以下のような手順のもと、製品安全の確保を徹底しています。

品質管理

① 事前審査
新規取引の開始に際しては、製造環境、産地管理、検査体制、商品規格に関する書類の整備状況等々、ハードからソフトに至るさまざまな判断項目に基づく事前審査を実施します。
② 生産立ち会い
初回生産時には、生産立ち会いを行い、原料の保管から製品梱包、保管、出荷に至る各工程で、規格書どおりの商品が生産され、適正な表示が行われているか等を確認します。
③ 定期監査
製造現場ならびに製造記録に対する定期的な監査を、独自のチェックリストに基づいて実施。問題点を抽出するとともに、それに対する改善指導を行うことで、工場の管理レベルの向上に努めています。
④ クレーム改善指導
製造工場を確認して原因を究明し、再発防止に向けた改善策を工場と連携して構築します。

商品開発

商品開発

SOFCOでは、商品開発を担う専門チームを品質管理室内の組織として設置するというユニークな体制を整えています。より安全・安心な商品をお届けするために、品質管理に関わる専門的知見に基づいて商品開発を行う、という当社の理念を反映したものです。

SOFCOのさまざまな開発商品は、この専門チームと、お客様のニーズを熟知したそれぞれの営業部隊が連携して設計され、お客様のもとにお届けしています。