Recruiting Site 2018

ENTRY

Challenge Story 01
ビッグビジネス創造 へのチャレンジ。 砂糖・基礎原料本部 原料開発部 C.Kang 2013年中途入社。国際文化学部国際文化学科卒。外資系食品メーカーを経て、双日食料へ。趣味はサッカー、ゴルフ、温泉巡り、スポーツ観戦。座右の銘は“No pain No gain”。夢は子供とBBQやサッカーを楽しめる広い庭付きの家を建てること。
My Career Vector
2010 2013 2014 2017 and NEXT

前職は、ある食品メーカー。双日食料との取引をきっかけに、双日食料で働く社員の方々の活躍ぶり、そして人間力などに魅かれ、いつしか自分も「彼らとともに同じ食料ビジネスの理想を追いかけたい!」との想いが募り、転職を決意。

メーカーというポジションから商社というポジションへ。同じ食品業界ではあるが、立場が変われば環境も仕事もがらりと変わる。それでも即戦力として期待され、実践の中で商社マンとしてスキルを磨く、濃密な日々を過ごす。

調製品のビジネスに加えて、自ら新たな原料サプライヤーを見つける開拓アプローチをスタート。韓国・タイ・中国・ベトナムなど東南アジアの市場と向き合い、精力的な新ビジネス創造へのチャレンジを繰り返す。

お客様の要望にお応えできる生産者や海外メーカーを探し、より良い原料を安全でより安く提供する…いわゆる食のサプライチェーンを次々と構築。国内外を縦横無尽に駆けめぐりながら、後輩の育成などにも尽力する。

ベトナムへの海外研修が決定。1年半に渡って双日ベトナムに駐在して、異文化に身を置きながら新たなチャレンジが始まる。グローバルな食料ビジネスを自在に組み立てられる“万能の食料プロデューサー”という夢への第一歩を踏み出す。

忘れられない挑戦のドラマ どこにも負けないオンリーワンの価値創造を! in Thailand

Scene-01

発想の転換で、
チャンスを掴む。

現在、私は海外で食品原料の開発を行い、それらを輸入販売しています。取扱原料は、砂糖・小麦粉・甘味料・でん粉・アミノ酸・乳製品・食料油など。例えば、でん粉については新たにタイからのルートを確保すべくチャレンジ。キャッサバ芋からつくるタピオカでん粉の世界最大供給地であるタイに飛び、双日タイランドと連携して動き、ある工業用のでん粉を製造するメーカーに着目しました。あえて食品メーカーではないサプライヤーを選んだのは、発想の転換から。その原料の質、生産技術力、そしてコスト意識の高さには抜きん出たものがあり、もしかしたら食品用にシフトできるかもしれない…と直感しました。既存ビジネスの延長で発想していたら、他社との差別化も難しいし、ましてや新しい価値創造の余地もありません。だからこそ、既存サプライヤー以外の可能性を探ることから始めたのです。

タピオカでん粉は、糊液の透明度が高く、粘度も高く、ゲル化しにくい特徴があり、食品の増粘剤として優れていることは認められています。ただ、タイのサプライヤーはもともと紙の原料となるでん粉を主に製造しておりました。しかしながらペーパーレス化の流れで需要が激減しており、その打開策を探っていたところに我々が食品原料としての製造を打診したところ、双方の利害が一致したのです。発想転換の狙いは的中しました。しかも品質に極めて厳しい日本のお客様が求める基準も見事にクリア。一気に話がまとまり、タイから日本へのでん粉の輸入計画が動き始めました。良い原料が見つかれば、あとは我々商社マンの腕の見せどころです。そこからはタイの輸入制度や法律を踏まえ、関税なども調べて、その結果、十分に採算が取れ、しかもお客様にも大きなコストメリットを訴求できるスキームが完成しました。

Scene-02

タイから日本への
でん粉ルートの確立へ。

Scene-03
双日食料の未来を
切り拓く原動力になる!

お客様への提案においても手応えがあり、具体的な生産計画と輸入計画の段階へ。また、当社の品質管理室による厳密なチェックおよび生産改善も行いながら、万全の体制を整え、さらにはお客様を伴っての現地視察も実施。サプライヤーと当社、お客様の3者が一同に会しての決起の場では、お互いの戦略ビジョンの共有も果たしました。その後、このタピオカでん粉の一大ルートは順調な滑り出しを経て、供給先であるお客様の数も着実に増え続けています。これからは、どこにも負けないオンリーワンのサプライチェーンへの進化を目指します。そしてこの成功モデルを他の原料開発においても活かしながら、次々と独創的な価値創造を生み、食の総合商社である双日食料の未来を切り拓く原動力になれたら、と考えています。私の夢は、世界中に人脈を広げ、グローバルな食料ビジネスを自在に組み立てられる“万能の食料プロデューサー”になること。今回の挑戦は、大いなる夢への第一歩にしかすぎません。世界を見渡せば、食料ビジネスの可能性は無限大に広がっています。だから今後は攻めの姿勢で自らチャンスを掴みにゆく!そのくらいの覚悟で世界市場と向き合っていこうと思います。

My Favorite Shots

クオリティに妥協なし!
In Thailand

タイの首都バンコクから車で四時間。タピオカでん粉の工場監査。安全・安心の商品を供給するために、時には厳しく指導し、改善を要求することもあります。海外のサプライヤーに対しても妥協はしません。

忘年会でピース!!

年末恒例の会社忘年会。幹事の集合写真です。毎年150名近くが参加。豪華景品の争奪などのゲームもあって、毎回大いに盛り上がります。幹事の段取り次第で、忘年会の盛り上がり方が決まると思うので、今回も入念な準備の上で開催。大盛況のうちに一年を締めくくりました。

フットサルで優勝!

フットサルの大会で優勝した時の写真。社会人リーグに所属しており、定期的に試合も行っています。元プロ選手もいたりして、そこそこの強豪です。仕事でも、クラブ活動でも、ベストパフォーマンスを!双方の世界を行き来することで、最適な生活リズムが生まれています。

Index
Challenge Story 01 ビッグビジネス創造 へのチャレンジ。 Challenge Story 02 折衝力で築き上げる 世界規模のサプライチェーンを。
Challenge Story 03 お客様からの 絶対的信頼を勝ち取るために。 Challenge Story 04 チャレンジ体験を重ねて、 自らの限界値を高めていく。
Relation
Career Message 01 時代の先を読み、 どこよりも早く動いて、 市場を開拓する。

Copyright © 2004-2017 Sojitz Foods Corporation. All rights reserved.