Recruiting Site 2020
ENTRY
Career Message
02
営業担当者を力強くサポート。
自らの成長に貪欲であり続けたい。
基礎原料本部 砂糖・原料部 S.Yamada 2017年入社。社会イノベーション部政策イノベーション学科卒。入社以来、営業アシスタントとして勤務。座右の銘は「感恩報謝」。本当の感謝は恩に報いたときに成立するという意。仕事でもプライベートでも、その気持ちを大切にしている、趣味は旅行。世界のテーマパークを制覇することが夢だ。
基礎原料本部 砂糖・原料部 S.Yamada 2017年入社。社会イノベーション部政策イノベーション学科卒。入社以来、営業アシスタントとして勤務。座右の銘は「感恩報謝」。本当の感謝は恩に報いたときに成立するという意。仕事でもプライベートでも、その気持ちを大切にしている、趣味は旅行。世界のテーマパークを制覇することが夢だ。
現在の仕事内容を
教えてください

砂糖・原料部は、上白糖などの砂糖に加え、水あめやブドウ糖、飲料に使用される異性化糖といった「糖化製品」など、「糖」に関わる幅広い商品を取り扱っています。その中で私は、営業アシスタントとして、主にデリバリー業務を担当しています。商品の納入先であるお客様からの商品発注を受けて、サプライヤーである仕入れ先に商品を発注、お客様と仕入れ先双方とコミュニケーションを取りながら、円滑なデリバリーを実現するのが私の役割です。そのためには、相手の立場に立った、正確かつ迅速な対応が求められます。たとえば、お客様から急ぎのオーダーを受けることもあります。その際、仕入れ先と交渉をしてお客様の希望の納期に商品を納めなければならず、厳しい時間的制約の中で、仕入れ先に対応してもらわねばなりません。理解・納得いただくためには丁寧な説明に加えて、日常のコミュニケーションによる良好な関係性構築が大切だと感じています。そして納期に間に合い、お客様から感謝の言葉をいただくとき、誰かの役に立ったという実感の中に、この仕事のやりがいを感じています。

現在のあなたの
チャレンジテーマと
その成果は?

当社は入社後1年間をOJTの期間とし、隣の席で先輩から丁寧な指導、サポートを受けて業務を覚えていきます。このOJT期間が終わると、先輩の元を離れ一人で担当を持つようになりました。それは私にとって、とてもチャレンジングなことでした。しかし、一人で業務に向き合うことで、課題に直面しても、自分で考え自分で解決策を考えるようになったと思います。それと並行して責任感も増し、業務スキルの面も精神的な面も成長できたと感じています。この成長を継続することが、私のチャレンジテーマ。部内には憧れる営業アシスタントの先輩がいますが、彼女は様々な局面で「気付き」があり、またお客様との適切な対応により情報を引き出すなど、常に能動的に動き、自ら情報や意見を発信しています。彼女のような営業アシスタントに成長することが目標です。そのためには、自分の仕事だけに捉われるのではなく、アンテナを高く張って、常に考えながら仕事をすることが大切だと考えています。もちろん、商品知識の吸収など、スキルアップにも前向きに取り組んでいきたいと思っています。

1日の
スケジュールは?
One Day Schedule →
Q & A
Q1
Q1
入社の決め手は?
身近な存在である、食に関わる仕事に就きたいと考えました。「食べることが好き」ということも、食関連の仕事に就きたいと考えた理由の一つです。食品メーカーは扱う商材が限られていることから、多彩な商材を扱う商社に惹かれました。双日食料は、面接で親身になって私の話を聞いてくれる雰囲気があり、優しい温かな社風を感じたことが入社の決め手になりました。社員の方々が気さくに話しかけてくれたことも強く印象に残っています。
Q2
Q2
仕事の面白さ・醍醐味は?
自分が発注した原料で商品が作られ、それがスーパーマーケットやコンビニエンスストアに陳列されます。率直に買い物が楽しくなりましたし、それら商品を見て、「食」の大きな商流を実感。その商流はどのピースが欠けても円滑なビジネスの流れを阻害します。自分もその中にいることに、仕事の醍醐味を感じています。最近は、自分が取り扱っている原料が使われている商品を見つけることが、楽しみの一つになっています。
Q3
Q3
あなた独自の仕事ポリシーは?仕事スタイルは?
私の業務で求められる基本的な要素は、発注処理の正確さと迅速さです。つまり、ミスが許されない業務。商品の納期を厳守する必要がありますから、常にスピーディな対応も求められます。これらを遂行するために、私が心掛けているのは、自分を過信せずに疑うこと。わずかなミスでも、多くの人に迷惑をかけてしまう場合もあるので、間違いがないかどうか、常に疑い、確認しつつ仕事を進めています。
Q4
Q4
あなたの仕事上の武器は?
私は大学時代、あるサークルの運営を担当していました。イベントなどの円滑な運営のためには、チーム全体を俯瞰して取り組む必要がありました。そうした経験から、落ち着いて全体を把握することができるようになったと感じています。今後、些細なことでもすぐに気付ける洞察力を身に付け、それが武器と言えるようになりたい。洞察力による「気付き」が営業担当者をアシストする力になると思っています。
Q5
Q5
食料ビジネスの面白さを象徴するエピソードは?
入社して「糖化製品」という分野があることを知りました。甘いものは砂糖だけではないということは発見でしたし、それら原料もトウモロコシをはじめ、様々なものから作られていることも驚きでした。さらにドレッシングや各種タレ、飲料など多彩な商品に「糖化製品」は不可欠であり、それが人々の豊かな食卓を美味しく演出しています。最近、甘いものを食べるときは、自然に原材料表示に目が行くようになりました。
Q6
Q6
今後の目標は?キャリアビジョンは?
指示されたことだけでなく、他にどのような情報が必要なのか、あるいは他に最適なやり方はないのか等々、プラスアルファの付加価値を仕事の中に見出していきたいと考えています。そして社内外問わず、多くの人から信頼を得られるように、今まで以上にレベルの高い業務の正確さと早さを身に付けたいと思っています。また、営業担当者や取引先など、相手の気持ちに寄り添った対応ができる営業アシスタントに成長したいと考えています。
My Favorite Shots

人生初ラフティング

休日に会社の先輩や同期と多摩川でラフティングを楽しみました。想像以上に激流でドキドキでしたが、スリル満点で面白かったです。こうして同期や先輩後輩と過ごす時間はとても楽しく大切なひと時です。

夢のウォルトディズニーワールド

憧れだったフロリダのウォルトディズニーワールドへ行ってきました。1週間全力で遊びましたがそれでも全然足りないぐらい大規模でまさに夢の国。いつかまた行くことができたらいいなと思います。

マーライオンとツーショット

夏休みに行ったシンガポール旅行で、定番のマーライオンと撮った1枚。シンガポールは食べ物が美味しく街も綺麗で、夜景やナイトショーなども楽しめるとても華やかなところでした。また行きたい国の1つです。

Index
Index